Make your own free website on Tripod.com

驚異のフルーツ”カムカム”は天然ビタミンCの宝庫!!
その量は100g中に2994mg! レモン(果汁50mg)の 約60倍の天然ビタミンCを含んでいます。

”カムカム”はアマゾンの大自然が生んだ驚異のフルーツです。 原産地はペルーのアマゾン川流域でアマゾン川、ウカヤリ川、 マラニョン川、プトマヨ川の沿岸に集中しています。

学名は「Myrciaria dubia(H.B.K.)MYRTACEAE」というフトモモ科に属する樹木で、6ヶ月もの間、洪水の中でも生存できる生命力と乾期の渇水状態の土壌でも枯れ果てない適応力に世界の生物学者も驚いています。

果実は直径2cm〜3cmで球状、表皮は滑らかで光沢があり成熟すると濃い赤から紫色になります。果肉は透明に近いピンクです。 
ペルーでは健康に良い果実としてジュース、アイスクリーム、ジャム、キャンディー、ゼリーの材料、またビタミンCを補強するサラダ用ドレッシングとして利用されています。

 

 

 

 

”カムカム”が自生している地域は地球上の酸素の20%を供給しているといわれているアマゾン川の源流域で、現在、世界的に問題になっている地球温暖化を食い止める為にも大変重要な熱帯雨林地帯です。
”カムカム”の育成・栽培は地球環境問題にも大きく貢献しています。

 

 

1990年以来ペルー政府は麻薬の原料となる”コカ”の栽培で生計を立てている農民に対し、コカに代わる代替農作物として天然ビタミンCの含有量世界一を誇る”カムカム”の栽培を推奨し、現在ではアマゾン内陸部のプパルカにおいて接木苗による栽培が可能となっています。

           

”カムカム”は、アマゾンの恵みを最大限に取り入れた100%天然フルーツです。最大の魅力であるビタミンCはビタミン群の中では唯一の水溶性で、過剰摂取しても体内に残留されません。また合成ではなく天然ビタミンCですので、体内への吸収が良く、副作用の心配もまったくありません。


驚異のフルーツ”カムカム”は天然ビタミンCの宝庫!!その量は100g中に2994mg! レモン(果汁50mg)の約60倍の天然ビタミンCを含んでいます。

もっと詳しくはこちらから

 

 

”カムカム”にはビタミンCをはじめビタミンB1、B2、クエン酸、カルシウム、リン、他各種ミネラルが含まれており、その複合効果は、

  • 美しい素肌づくりに
  • シミ・ソバカス・日焼け対策に
  • 疲労回復に
  • 全身の老化を防ぐ
  • 風邪に対する抵抗力を高める
  • 血管を若返らせる・・・etc,

 

©Copyright2005 Kinos Inc. All Rights Reserved
無断転載を禁じます。